作品によって「Kindleへ送付」ボタンがないのは何故ですか?

各作品の閲覧方法は出版社によって設定されています。Kindleへの送付オプションが使えない場合には、作品ごとに様々な理由があります。

特に、作品のファイルがEPUBではなくPDFである場合、また、EPUBであっても画像やイラストが多くサイズが大きい場合、Kindleでの表示に不具合が発生することが多いです。

これは、Kindleで独自のセキュリティを施す際に発生するものですが、快適な読書を妨げることもあるため、出版社によってはあらかじめKindleボタンを表示していないことがあります。 

Kindleボタンが使えない場合であっても、ダウンロードボタンをご利用いただくことによって、お手元のPC、iPad、スマートフォンなどでファイルを閲覧することは可能です。

閲覧可能な端末、アプリなどの案内はコチラをご覧ください。

※Kindle Fireでダウンロードボタンを利用してゲラを読む方法

Kindle Fireでは、「Kindle送付」ではなく、ダウンロードボタンを使ってBluefire Readerアプリでゲラを読むことも可能です。ただし、事前に少し設定を行う必要があり、かつ端末のセキュリティレベルを下げる処置が必要となりますので、ご利用には十分にご注意ください。

1.Bluefire Readerアプリのインストール許可設定

Kindleでは第三者アプリのインストールはセキュリティ上行えず、アプリストアには第三者リーダーのBluefireも置かれていません。そのため、「設定」のところの「端末」タブにある「アプリのインストールを許可」というところをONにします

2.Bluefire Readerアプリのダウンロード

Bluefire ReaderはKindleストアにはありませんので、下記の直リンクよりアプリを取得します。 

3.Bluefire Readerアプリのインストール

Kindleではダウンロードしたファイルが中々みつからないため、ダウンロードしたファイルを確認するアプリES File Explorerなどを事前にインストールしておくのもオススメです。アプリファイルを見つけましたら、インストールを行ってください。後は「ダウンロード」を行うことでゲラを読むことができます。

※注: Kindleのセキュリティレベルを下げることになります。Bluefire Reader自体は安全なアプリですが、インストール後は、「アプリのインストールを許可」のところをオフに戻しておくようにご留意ください。
この記事は役に立ちましたか?
376人中247人がこの記事が役に立ったと言っています